探偵になるには、3つの方法!

調べればわかることなのに、探偵になるにはどうすればいいですかという質問をする人がいます。

このような質問をしているようだと、探偵に向いていない人なのかなと思ってしまいます。

調べればわかることです。

探偵は調べることが仕事ですから、この調べるという行動ができない人は探偵に向いているとは言えません。

では、調べようとしてこのブログにたどりついたあなたに、探偵になる方法を教えましょう。

探偵になるには、以下の3つの方法があります。

1.開業する

2.学校に入る

3.就職(アルバイト)する

 

1の探偵業の開業は簡単にできてしまいます。
最寄りの警察署に行って、公安委員会に必要書類を提出すれば完了です。

詳しい解説書がありますので、これを参考にしてもいいでしょう。

アマゾン
誰も教えてくれない“探偵”の始め方・儲け方―低リスクで開業!生涯現役でいられる仕事

楽天
誰も教えてくれない“探偵”の始め方・儲け方 低リスクで開業!生涯現役でいられる仕事  

 

2の探偵学校に入る方法は、探偵の調査技術や必要な知識の基本を身につけるには良い方法です。

仲間もできるし、就職先を紹介してくれることもあります。

学校で勉強した後に、探偵事務所を開業するのもありです。

 

3の探偵事務所に就職したりアルバイトで雇ってもらう方法は、ネットや求人広告で募集があったら応募して採用されればOKです。

実際の調査現場を経験できるのが魅力でしょう。

探偵が行う、いじめの調査

子供が、いじめられている。

親から、証拠の収集を依頼されることがある。

基本的には、依頼者の子供が登下校をするときに尾行。

いじめがあったら、証拠映像を撮る。

いじめている生徒を下校時に尾行して、住まいや親の職業、生活状況などを調べる。

 

いじめられている生徒には、ICレコーダーなどの音声録音機器を持たせ、証拠を収録する。

 

ある程度の証拠がそろったら、いじめの現場を目撃している生徒や近所の住民に聞き取り調査をする。

聞き取り調査は、なるべく調査の終了段階で行う。

そうしないと、誰かがいじめを調べているということが周りに伝わって、いじめが表に出ない方法で行われるから。

必要であれば、いじめられている子供に身辺警護の担当者を付ける。

車での送り迎えも、これに含まれる。

 

子供のいじめの実態を調査してほしいと依頼があれば、探偵の対応は大体こんな感じ。

 

学校の外でいじめられているのには気づかなかったという学校関係者には、学内でいじめられていた証拠を提出する必要がある。

いじめられている生徒が録音した、ICレコーダーなどに録音した音声や、身近な生徒の証言は大きな証拠となる。

 

かかわりたくないから、いじめの実態を証言しない生徒もいるが、事実を話してくれる生徒は必ず居るものです。

証言してくれる人が不利にならないように、配慮した聞き込みが必要になります。

 

いじめで自殺者が出た時に、いじめの事実はありませんでしたと言って済ましていた時代に終わりを告げないと、あまりにも悲しすぎますね。

 

 

 

車のナンバーから所有者を割り出す

車のナンバーから所有者を割り出すためには、陸運局で車のナンバーから所有者判明する。

以前は、陸運局で申請書に必要事項を記入して提出するだけで、簡単に車のナンバーから所有者を知ることができたのだけど、残念ながら今は条件付きとなってしまった。

申請書に車のナンバー以外に「車体番号」を記入しないと、所有者を知ることができなくなったんですね。

これは、盗難車が簡単に名義変更されたりすることを防ぐためにとられた処置。

 

一般的に車体番号は、車のエンジンルームなどを見てみないとわからないもの。

二輪車であれば、ボンネットを開けなくても車体番号を見ることができるけど、四輪車では無理。

しかし、車体番号が不明でも、所有者を教えてくれる例として、置き去りにされた迷惑駐車の車両などがあげられる。

実際に置き去りにされている現場の写真、住所、地図などを提出すれば所有者を教えてくれる。

 

車のナンバーから所有者を割り出したい人のほとんどは、浮気相手の車だったり、詐欺師っぽい人の車だったりするのが現状。

そんな時には、データ調査というのを使う手がある。

いろんなデーターを販売している専門業者や、探偵事務所でも対応してくれる。

どうしても、車の所有者を知りたいときには活用してみたいものです。

 

利用するときには、完全成功報酬制にすれば安心。

もし、車の所有者が判明しなかった時には、お金がかからないというシステム。

 

一つだけ注意が必要なのは、車の所有者と運転している人が同一人物だとは限らないこと。

他人名義の車を別の人が運転している場合もあるということは、念頭に入れておいた方がいいでしょう。