DNA鑑定で親子が不一致と出る割合

DNAの親子鑑定が集中する時期は、1月から2月ごろ。

年末から年始の正月休みに実家に帰った時に、親から言われた一言で鑑定することになるからだ。

旦那側の親から「あんたに似てないね。DNAの親子鑑定をしてみたらいいのでは・・・」と。

嫁の行動に不信感を持っている旦那やその親が、親子関係に不一致がないかを確かめるのがこの時期。

もし、DNAの不一致が判明したら、探偵が奥さんの浮気調査をすることになる。

DNA親子鑑定は、このように旦那側からの調査以外に、奥さんが自分で実施する例もある。

それは奥さんが旦那以外の男と関係を持っていた場合に、生まれてきた子供が主人の子かどうかを確認するためだ。

いずれにしても奥さんの浮気、または奥さんの浮気の疑いが、このような遺伝子検査を必要としているわけだ。

芸能界でも、生まれた子供がご主人のDNAと一致しないことがわかり、ニュースになった例がある。

この騒ぎから、一般の家庭でもDNA鑑定を行う人が増えた。

ちなみにこの鑑定は自宅でもできる。

鑑定キットがアマゾンなんかで販売されているから、それを購入して検体を採取し検査機関に送る。

あとは結果を待つだけで、親子一致か不一致かが判明する。

費用は鑑定の種類によって1万5千円~8万円ほどだ。

浮気の疑いをもった人の2割ほどが、親子不一致の結果が出るという。

生まれてきた子供の肌の色が日本人と全く違うなどというケースでは、検査をするまでもなく他人の子供だと判断できることもあるが一般的には見た目での判断は難しい。

奥さんは自分から生まれてきた子供は、間違いなく自分の子供だと言い切れるが、旦那さん側としては確証が持てないという不安がある。

鑑定結果に関しては様々な意見がある。

DNA鑑定は万能か その可能性と限界に迫る (Dojin選書) [ 赤根敦 ]

100%の信頼性は無いというが、多くの事件を解決に導いている。

逆に、DNA鑑定が冤罪を作り出すということが書かれた本も出版されている。

生まれてきた子供が本当に自分の子なのか、それとも他の男の子なのか?

モヤモヤした気持ちを一生かかえて生活するよりは、思い切って鑑定したほうがいいかも知れない。

探偵社の営業と料金

探偵社の営業と料金

個人でやってる探偵は、営業ができないとすぐに廃業してしまう。
ホームページなどからメールや電話で問い合わせがあって、それをどれだけ調査として受注できるか。

探偵のホームページを検索したときに、自社のホームページを上位に表示させるテクニックや広告も必要になる。

大手では電話対応の女性を数多く雇い営業して受注する。

テレフォンアポインターとして、調査相談員として電話を受けている女性相談員で優秀な人は高給取りだ。

今では1週間で50万円くらいの浮気調査でも、電話帳が全盛期のバブル時代は200万円くらいで受ける調査も多く、歩合給の女性には月に数百万円が給料として入っていた。

女性相談員を多く抱えている探偵社では、人件費が上乗せされるのは仕方のないことと感じるが、ぼったくり料金を提示するところは最近では少ない。

探偵に調査を依頼する側からすると、1週間の浮気調査で50万円の料金は高く感じられるかも知れないが、調査の下準備、拘束時間、探偵の特殊技術、人件費などを考慮した場合に、調査を受ける側からするとキツイ金額。

安い料金で請け負うことはできるけど、その分、調査内容はお粗末になるから期待する結果が得られなくても仕方ないとあきらめなければならない。

きちんとした、調査結果を得たいのでしたら、それなりの費用は必要になることは知っておいた方がいいでしょう。

彼氏が合鍵をくれないのは浮気か?

彼氏と付き合っていい関係になって何か月にもなるのに合鍵を渡してくれない。

お掃除や洗濯だってしてあげたいのに・・・・・

こんな相談を受けることがあります。

 

合鍵は写メがあれば簡単に作れるのですが、問題は彼氏の態度ですよね!

写メで合鍵作成

 

本命の彼氏だと思っているから、彼の部屋にいつでも入れるのが当たり前だと思っていても、合鍵を渡してくれないのだったら彼氏はそんなふうに思っていない可能性もありますね。

合鍵を作って部屋に入ってみたら、ほかの女の痕跡がいっぱい出てくることもあるし、奥さんと子供がいるなんてこともありますよ。

 

彼氏が合鍵を渡してくれないのはなぜか?

話し合うべきですね。

 

勝手に合鍵を作るのはいいですが、住居侵入は犯罪ですのでダメですよ!