車のナンバーから所有者を割り出す

車のナンバーから所有者を割り出すためには、陸運局で車のナンバーから所有者判明する。

以前は、陸運局で申請書に必要事項を記入して提出するだけで、簡単に車のナンバーから所有者を知ることができたのだけど、残念ながら今は条件付きとなってしまった。

申請書に車のナンバー以外に「車体番号」を記入しないと、所有者を知ることができなくなったんですね。

これは、盗難車が簡単に名義変更されたりすることを防ぐためにとられた処置。

 

一般的に車体番号は、車のエンジンルームなどを見てみないとわからないもの。

二輪車であれば、ボンネットを開けなくても車体番号を見ることができるけど、四輪車では無理。

しかし、車体番号が不明でも、所有者を教えてくれる例として、置き去りにされた迷惑駐車の車両などがあげられる。

実際に置き去りにされている現場の写真、住所、地図などを提出すれば所有者を教えてくれる。

 

車のナンバーから所有者を割り出したい人のほとんどは、浮気相手の車だったり、詐欺師っぽい人の車だったりするのが現状。

そんな時には、データ調査というのを使う手がある。

いろんなデーターを販売している専門業者や、探偵事務所でも対応してくれる。

どうしても、車の所有者を知りたいときには活用してみたいものです。

 

利用するときには、完全成功報酬制にすれば安心。

もし、車の所有者が判明しなかった時には、お金がかからないというシステム。

 

一つだけ注意が必要なのは、車の所有者と運転している人が同一人物だとは限らないこと。

他人名義の車を別の人が運転している場合もあるということは、念頭に入れておいた方がいいでしょう。

スポンサーリンク