探偵の尾行とストーカーの尾行の違い

探偵の尾行とストーカーの尾行には、メリハリと一発勝負かどうかの違いがある。

探偵にはメリハリがある。

ストーカーの行動調査をしていると、ほとんどのストーカーに共通する点がある。

ストーカーはターゲットとの距離が一定で、ワンパターンの尾行をする。尾行中は獲物を狙う動物のように、ずーっとターゲットに視線を集中させている。

まるで自分の想いを感じてくれというような様子だ。その姿を見ていると、やはり異様な感じがつきまとう。

探偵の尾行は、状況に応じたメリハリがある。人込みや曲がり角では距離をつめて、見通しのいい場所では距離をあける。

視線はターゲットの頭に当てずに、腰や足元などを見るようにする。頭に視線を集中すると、動物的な感で視線を感じてしまうターゲットがいるからだ。

 

探偵は一発勝負。

ストーカーは、自分の都合で何度も尾行や張り込みのやり直しができる。
気づかれたらラッキーとばかりに偶然を装い、ターゲットに声をかけることもある。

探偵は基本的に一発勝負だ。依頼者から調査費用をもらって調査日や期間を決めて、その範囲で結果を出さなければいけないからだ。

長期にわたる調査でも、尾行や張り込みにメリハリをつけるのは基本となる。

スポンサーリンク