行方不明調査の方法やり方

探偵の調査で行方不明者を探す調査があります。

その手法は、いろいろなデータを収集して手がかりをつかみ、聞き込み、張り込み、尾行をするなどしてターゲットを探し出すものです。

このように、行方不明者や家出人を探し出す調査は探偵の調査技術の全てを使うことが必要となります。

浮気調査では、事前情報をたよりに尾行と張り込みをして、証拠映像を撮るなどの行動調査が基本。

行方不明調査では、ターゲットの性格やパソコンの履歴、普段の生活の仕方、趣味、交友などの様々な情報を得ることはもちろん、行方不明後のATMの出金情報などの特殊な手がかりを収集することも必要になります。

立ち寄り場所などに張り込みや聞き込みをして、得た情報をもとにターゲットの居所を特定していきます。

更に行動調査で、ターゲットの現在の状況を確認し映像におさめることもあります。

 

行方不明調査の場合は、ターゲットの居場所がわからなくなっていることから、事前情報をたよりにまずターゲットを探し出すことが必要。

探し出す手法は、状況によって様々。

 

家庭が嫌になって家出する。

不倫相手と一緒にいたいから家出するなど・・・

同じ行方不明者でも、その理由によって調査の手法は違ってきます。

たとえば、不倫相手と一緒に家出してしまったときに、男性側の捜索が難しくても女性側の居場所がすぐにわかってしまう例もある。(その逆もあり)

 

様々な手法については、今後の記事で紹介していきますのでお楽しみに!

 

スポンサーリンク